2008年07月31日

GIMPとGEGLの統合

現在のところの予定では、GimpとGEGLの統合は段階的に行われるとのことです。

GEGLへの移行はGIMPの内部構造を大きく変えるものです。たとえば画像深度ひとつをとっても今までの8bit/pixelから16bit floatに変わるのですから、コードの大幅な見直しが必要になります。
そのため開発者は時間をかけてGEGLに移行していくプランを立てています。

以下の内容は、もう半年以上も前になるGIMP-2.4がリリースされた前後の、今後のGimp開発予定の時点でのGEGLマイグレーション計画です。
実際の開発はその時点での状況によって変化していくので、これとは違ってくることに注意してください。


■ GIMP-2.6

・GIMP PixelRegionsとGEGL graphをアダプトする
・Gimp Coreの色修正機能(GimpImageMapTool)をGEGLにある同等の機能に置き換える
・上の機能を利用している色修正ツール(焼き込み/覆い焼きetc)をGEGLで実装
・上記の変更が終わったら、GEGLオペレーションに置き換えられそうなひとかたまりのレガシーコード群をGEGLオペレーションに置き換える
http://www.mail-archive.com/gimp-developer%40lists.xcf.berkeley.edu/msg14500.html

■ GIMP-2.8

・残りのツールをGEGLマイグレーションする
・libgimp*/とcore(app/)をGEGLマイグレーションする

■ GIMP-3.0

・プラグインをGEGLマイグレーションする
・その他の機能もすべてGEGLマイグレーションして完了



Gimp-2.5.2まで開発が進んでいる現時点では、GimpImageMapToolを利用する色補正機能がGEGLのオペレーションに置き換わっています。具体的にGEGLオペレーションに置き換わった機能は、カラーバランス、色相/彩度、着色、明るさ/コントラスト、閾値、レベルツール、カーブツール、ポスタリゼーション、色→反転、色→脱色、です。(app/gegl/) これらの機能を、同一画像でGEGLをオンにした場合とオフにした場合とで比較すると少々結果が異なるのに気付きます。
すでにGEGLに置き換えられた機能については、まだ以前の実装コードが残っていてGEGLをオフにすれば古いほうを使うようになっています。両方が存在しているということですね。
「上の機能を利用している色修正ツール(焼き込み/覆い焼きetc)をGEGLで実装」というのはまだ行われていないようです。上のGimpImageMapToolへのGEGL置き換えが1月中に終わってしまったのに手が加えられていないことから考えると、おそらくGimp-2.6での実現は見送られるのでしょう。
tabstop @Wiki - GEGL/GEGLとGIMP

個人的に気になっているのは、16bitカラーやCMYK完全対応はどの時点から使えるようになるのかということです。上の予定からすると、楽観的に見ればGimp-2.8から制限つきで使えるようになりそうです。しかし実際にはその時になってみないと分かりません。現在の開発ペースや追加/変更されている機能や開発者の手数からすると、まだまだ開発が遅れそうな気配がします。そのため、まだ完全にGEGLに対応していないGIMP-2.10が出てもおかしくないかも。


*****

GIMP-developer ML "is watercolor (brush color blending mode)..." より
At GUADEC this year I showed a mini painting app embedded in a presentation tool where I could freely rotate the GEGL paint demo and paint at it at any angle.
/Øyvind K.

いわゆる回転キャンバス機能。超期待。

*****

GEGL自身への評価はさておき、今後GimpがGEGLべったりになっていくことは間違いないでしょう。その過渡期にある現在、さまざまな可能性の模索やアイデアの提案はGEGLの将来を豊かにするはずです。
posted by いっちー at 00:17| Comment(0) | Futuer Gimp | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。