2009年10月13日

GIMPのシングルウィンドウモード

先月、GIMP開発メーリングリストにてシングルウィンドウモードについての議論がありました。
それ以降、シングルウィンドウモードの機能が追加され始めました。まだまだ開発途上でいくつかおかしな挙動があるので、いつ頃にこのシングルウィンドウモードを紹介しようかと迷っていましたが、なかなか完成しないみたいなので中途半端ながらも紹介してしまいます。

We should go for a single-window mode in 2.8

実際に画面を見てもらったほうが分かりやすいと思うので、今回はスクリーンショットが多めです。
なお前提として、シングルウィンドウモードの挙動はまだ怪しい部分が多いことを始めに断っておきます。

これが通常の状態だとします。デスクトップの大きさは1024x768です。VMware上でFedora11を動かしており、時刻の同期ができていないのはご愛嬌。ツールボックスが横2列になっているのは、なんとなく。
gimp-single-window1.png

GIMP-2.4ぐらいから使えるようになったのだっけ、F11キーによる全画面表示だとこのようになります。この配置だと、レイヤーを数多く使う作業には向いていないですね。
gimp-single-window2.png

今回試す機能である、シングルウィンドウモードにチェックを入れてみます。
gimp-single-window3.png

画像ウィンドウの中に、ツールボックスやドックウィンドウが統合されています。これがいわゆるシングルウィンドウモードということのようです。上の画像と比較してみるとよく分かると思います。
gimp-single-window4.png

シングルウィンドウモードをF11キーで全画面表示するとこのようになります。
gimp-single-window5.png

現時点でのシングルウィンドウモードでは、画像ウィンドウの左右に「ドッキング可能なエリア」が存在し、そのドッキング可能なエリアにツールボックスや、レイヤーやツールオプションといったドックウィンドウを連結することができるようになっています。
これにより、画像ウィンドウの上にすべてのダイアログが収まっているという状態を作ることができます。

もちろん、これまでのようにドックウィンドウを浮かして置いておくこともできます。
gimp-single-window6.png

これまでと、シングルウィンドウモードと、どちらのほうが使いやすいのかというと・・・慣れているためか従来のほうが使いやすいと思いました。
もともとGIMPはMDI用にインターフェイスを進化させていったので、それをSDIっぽくしても違和感を生じてしまうのは仕方が無いのでしょう。SDIにするなら、SDIのための適切なインターフェイスに配置や構成を変える必要ありそうです。

Linuxないし類似の環境ではこれまでのMDIでもそんなに不満がある使用感がではなかったのですが、今回のシングルウィンドウモードはどちらかといえばWindowsユーザーへの配慮を示したという面が強いように思います。
そもそも同じアプリケーションなのに、(Windowsを含み)ウィンドウマネージャーによってインターフェイスへの感じ方が異なるというのも、それはそれで問題ではあると思います。


ところで、セカンドモニタがある場合はどんな配置になるのかしら。

-----

10/16 追記

シングルウィンドウモードで思い出したのですが、複数の画像を開いたときに複数の画像ウィンドウが表示されるというのを、画像ウィンドウに画像タブを追加するという選択肢もあると良さそう。これだといくつもの画像を開いても、あるのは一つの画像ウィンドウだけでよくなります。
二つめ以降の画像をタブ化するというのはそれなりに前から提案されていたことですが、今回のシングルウィンドウモードとタブ化との組み合わせは親和性が良さそうに思うので、ちょうどいい機会じゃないかな。

Single-window mode specification gui.gimp.org


ニコニコを見ていて「おっ」と思った動画を紹介します。NekoPaintは有名なソフトらしい。情報不足で知りませんでした。
posted by いっちー at 00:01| Comment(2) | Gimp-2.7 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シングルウインドウよりもGIMPのようなインターフェースの方がいいと思うんですけどね。あれだと、ばらばらのウインドウを重ねて表示できるから、画像の面積を節約できますし、他のアプリとの同時使用が楽なんですよね。
Posted by saku at 2009年10月17日 00:38
UIに関しては、かなり主観で評価することになるので
人によって使いやすいと思っているのかどうか
評価が分かれることが多いですね。
Posted by いっちー at 2009年10月21日 00:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。