2009年12月13日

GIMP#

GIMP#について。

Monoを利用するGIMP#ではC#言語でGIMPのプラグインを記述することができます。
GIMP#のサイトによれば、プラグイン記述は容易だけど動作が遅いスクリプト言語(Script-Fu,Python-Fu)と、プラグイン記述は容易ではないが動作が速いC言語、この両者の中間程度がGIMP#であると書いてあります。
個人的に、GIMP#の真の利点は次の部分ではないでしょうか。

Typically the actual algorithm is only a very small (5 - 20 %) part of the total code. GIMP# is not as fast as C, but much faster than a scripting language. Building a decent GUI is much easier than in C.


→ GIMP# (sourceforge.net)
GIMP#のインストールにはmono-1.2.6以上が必要です。(GIMP#のバージョンにより要求されるMonoのバージョンが変化します)
Fedora 12で足りなかったパッケージは mono-devel-2.4.2.3-2.fc12.i686 および gtk-sharp2-devel-2.12.9.fc12.i686 だったので、これをインストールしておきました。
ドキュメントによれはGIMPのバージョンは2.4かそれ以上が望ましいようです。
INSTALLファイルにはインストール方法のほか、いくつかのプラグインを使うために別個必要なライブラリが書いてあるので目を通しておくとよいでしょう。

WindowsユーザーにもGIMP#のインストーラーが用意されています。
こちらは試していないので分かりませんが、おそらく対応するバージョンのGIMPが必要です。あとGTK#も必要?
WindowsのほうがGIMP#のバージョンが低いので私は選びませんでした。





追記(2012/10/04)

現時点で最新のGimp# 0.18ではサンプルプラグインとして、ファイルsave/load、F# (http://research.microsoft.com/fsharp)、Visual Basic、Boo (http://boo.codehaus.org)、Nemerle (http://nemerle.org)、Oxygene (http://www.remobjects.com)が存在します。
またPhotoshopアクションプラグインの対応率は50%まで上昇しているようです。
Java/IKVM、IronPythonをサポートしており、将来はRuby.NET or IronRubyのサポートを予定、Photoshopアクションプラグインのさらなる対応を計画しているみたいです。
posted by いっちー at 18:15| Comment(0) | Plug-in | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。