2011年03月01日

GIMP-2.8リリースの遅れ

GIMP-2.8のリリースが遅れています。
初期のプランでは2010年の年末12月ごろにリリース予定でした。しかし現在もまだ未完成で、αバージョンも出ていない状態です。

GIMP-2.8の開発が遅れている理由について、GIMP開発の主要なメンバーの一人であるMartin Nordholts氏が、自身のBlogにて彼が考える理由を説明しています。

Why GIMP 2.8 is not released yet

これによると、遅れの理由は大きく三つが挙げられるそうです。

1. 主要なリソースを開発するために十分な時間をとれない
2. メインブランチにて機能が開発されている
3. 新しいことを始めてしまおうとするサイクルの傾向が開発者にある


まず一つ目。

GIMPの開発はボランティアベースで行われています。そのため、仕事や家族や友人といった方面にまず第一に時間を使い、GIMPの開発をメインに据えることはできないという事情があります。
このこと自体が問題なのではなくて、ある人がある機能の改良に手をつけていた場合、その機能の改良が未完成なまま途中で止まってしまった場合が問題なのです。
未完成な部分があればリリースの障害になりますし、その未完成な部分が存在するために他の部分の改良が阻害されることもあります。

二点目。

GIMPはメインブランチを直接開発しています。多くの人が開発に係わるため、どうしても開発間隔が長くなります。
そして不完全な機能がメインブランチに存在してしまうと、たとえ開発サイクルの初期に完全に追加が終わった新機能があったとしてもまだリリース状態になっていないため、多くのユーザーはまだその機能を使うことができません。ずっと遅れてしまいます。
これはGIMPに貢献することを喜びと考える人を失ったり、幅広いユーザーからレスポンスや賞賛を失ってしまうことになります。
これが、GIMPへの貢献者がとても少ない理由の一つであると彼は述べています。

三点目。

GIMPの開発はボランティアベースです。
人はその時興味があることや値打ちがあると思われることに取り組みます。その一方、古いことに対しては問題が発生するとウンザリしながら取り組みます。これはメインブランチで発生した、大きな作業である時の場合だけに問題となります。

彼が考える、これらの解決法。

それぞれの大きな機能ごとにそれぞれの開発ブランチを持ち、完成したらメインブランチへ統合することです。
今までの開発方法を変更するのは容易なことではないけど、変えなければ長い開発サイクルによって新しい貢献者や自分たちにとってさえもつまらないままだろう、と述べています。

現在彼は、GIMPリリースサイクルのためにWebベースのスケジュール管理を作成中だそうです。

-----

以上、いくらか意訳が含まれています。もし元文章と違う意味や内容になっていたら訂正しますのでご連絡ください。

ボランティアベースの開発は、GIMP誕生後からそうであったはずだし、他のフリーソフトウェアも同様でしょう。そこで発生する問題の認知について「今さら」という気がしますね。
GIMPが目新しいソフトであったり、注目されているような拡大期であるなら新規の貢献者がどんどん参加してきて上に挙げられたような点もそんなに問題とならなかったのでしょうが、GIMPというソフトウェアがある一定以上の完成度に達したことで、「未完成なものをハックして良くしてやるぞ!」というような人が少なくなるのは自然な流れでしょうね。(もちろんまだGIMPが完全に完成されているとは思ってませんが)

ここ最近の傾向としては、GIMPの新機能にGoogle Summer of Codeで開発された機能が入る割合が多いような気がします。
GSoCとGIMPとの関係は良いことだと思ってます。しかしその一方で、GIMP開発の一部をGSocに頼っているような印象も受けてしまいますね。考えすぎでしょうか。
そうそう、そういえばそれぞれ大きな機能ごとに自前の開発ブランチを持ち、メインブランチにマージするというのはGSocでも採られている方法でしたね。

先日、Unofficial GIMP Developer wikiにGIMP Roadmapのページが追加されました。
まだ2.8も出ていないのに少々気が早すぎるような。
今後もGIMP開発者の絶対的な人手不足というのは彼らも自覚しているのに。

GIMP Roadmap

現在の開発ブランチの開発状況を見ると、まだ2.8のリリースまでには時間がかかりそうです。新機能のうちで「まだ未完成なのだろうな」と思わされる部分もあります。
さすがに2.6からここまで時間がかかっただけあるというか、それなりに目新しい点はいくつもあります。基本は2.6からそれほど変わらないのだけど、個別に見ていくと変更点は多いと思います。
気長に2.8の完成を待ちましょうか。

GIMP 2.8の登場はまもなく? 3.0はプロ対応目指しさらに先
posted by いっちー at 20:45| Comment(1) | Gimp-2.7 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうして遅れているのかなと思っていましたが・・・。
なるほど!わかりやすい解説をありがとうございました。
Posted by Gimper 2.6.10 at 2011年03月20日 16:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。