2008年01月15日

Welcome to the new GEGL world!!

CVSのGimp開発ツリーにGEGLが追加されました。

ChangeLogより。
2007-12-29  Øyvind Kolås  pippin@gimp.org

Added adapter GEGL operations for reading and writing to TileManagers.

* configure.in:
* app/Makefile.am: added gegl subdir.
* app/gegl/Makefile.am: added.
* app/gegl/gimpops.c: (gimp_gegl_ops_init):
* app/gegl/gimpoptilesink.[ch]: adapter GEGL operation for writing to
GIMP tile managers.
* app/gegl/gimpoptilesource.[ch]: adapter GEGL operation for reading
from GIMP tile managers.
* app/main.c: (main): call gimp_gegl_ops_init()
* app/gegl/gegl/: added some headers from GEGL that are not installed
since they are not public API yet.

まずはタイルマネージャーからのようです。

そして初のGEGLによるimage操作処理。
2007-12-30  Michael Natterer  mitch@gimp.org

First actual image processing with GEGL! Wheeeee :-)

* app/core/gimpimagemap.[ch]: added code to use gegl instead of the
old apply_func and apply_data.

(gimp_image_map_new): add GeglNode parameter that, if passed,
switches the whole thing to using a gegl graph with this node
as central processing node.

* app/tools/gimpimagemaptool.[ch]: add virtual function
get_operation() which, if implemented, returns a GeglNode to pass
to gimp_image_map_new(). Added a "Use GEGL" toggle so we can
switch between legacy and gegl code for the migration period.

* app/tools/gimpbrightnesscontrasttool.[ch]: implement
get_operation() and return a brightness-contrast node.

(gimp_briughtness_contrast_tool_map): set the node's properties
from the GUI.


Fedora7でのCVSバージョンのGEGL&Gimpのコンパイル・インストール。

GEGLのインストール前にyumでRubyパッケージをインストールしておく必要がありました。あとgcc-c++も必要かな。また、GEGLに必要なGLibのバージョンは2.14以上なのでこれもインストールします。またGimpのほうがGTK+-2.12.1以上を必要とするのでコンパイル・インストールします。gtk+-2.14にはPango-1.18も必要なので入れておきます。
なおディレクトリ構造は ~/src/svn/hogehoge となっていますが、これは自分の好みの構造でどうぞ。

cd ~
mkdir src
wget ftp://ftp.gtk.org/pub/glib/2.14/glib-2.14.5.tar.gz
tar zxvf glib-2.14.5.tar.gz
cd glib-2.14.5
./configure --prefix=/usr/local/gimpcvs
make
sudo make install
export PKG_CONFIG_PATH=/usr/local/gimpcvs/lib/pkgconfig:$PKG_CONFIG_PATH
export LD_LIBRARY_PATH=/usr/local/gimpcvs/lib:$LD_LIBRARY_PATH
(PangoとGTK+のインストールは省略)

mkdir svn
cd svn
svn co http://svn.gnome.org/svn/babl/trunk/ babl
svn co http://svn.gnome.org/svn/gegl/trunk/ gegl
svn co http://svn.gnome.org/svn/gimp/trunk/ gimp

cd babl
./autogen --prefix=/usr/local/gimpcvs
make
sudo make install

cd ../gegl
./autogen --prefix=/usr/local/gimpcvs
make
sudo make install

cd ../gimp
./autogen --prefix=/usr/local/gimpcvs
make
sudo make install

/usr/loca/gimpcvs/bin/gimp-2.5 &


GIMP-2.5.0のスクリーンショット。

gimp-2.5.0.png
posted by いっちー at 00:53| Comment(1) | Gimp-2.5 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
2.5系のソースは全然追えてないんですが、GEGLはどのレイヤのインタフェースの置き換えになりそうなんでしょうか?
勝手にPixelRegionか、その下くらいのレイヤの置き換えかなぁと妄想してはいたんですけれども。
Posted by しげっち at 2008年01月18日 02:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。